外壁塗装の4回塗りについて‼「和歌山市の外壁・屋根塗装専門店 エースペイント」

2021.03.07

皆さんこんにちわ(^^)

和歌山市の外壁・屋根塗装専門店 エースペイントです。

 

本日はイベント開催2日目、朝から夕方までスタッフ一同元気いっぱいで営業しております(^o^)丿

 

さて本日は外壁塗装は一体何回塗りが正しいのか⁉

よくあるご質問と外壁塗装の塗る回数についてご紹介していきたいと思います。

 

外壁塗装は「3回塗り」が基本中の基本の塗装方法になります。

「2回塗り」は論外、最近は「4回塗り」を主張する外壁塗装業者も増えているようです。

※2回塗り仕上げの塗料もございます。

実際に外壁塗装のお見積り依頼をした時に、塗装業者からの提案で

「弊社は他社とは違い、外壁塗装で4回塗りをします!3回よりも4回塗りの方が塗膜が厚い分長持ちして安心です!」等とご説明された方もいらっしゃるかと思います。

残念ながら、外壁塗装は ただ単に【塗る回数を増やせば良い】という訳ではございません。

外壁塗装は、その外壁(モルタル、窯業サイディングなど)に適した

外壁専用の塗料を外壁面に塗っていく工事です。

外壁塗装をすると、お家の外壁は塗料の薄い塗膜で覆われます。この塗膜が、紫外線、雨風などからの自然環境による直接的なダメージから外壁を守ってくれています。

この塗膜をしっかり形成する為に、外壁を下塗り・中塗り・上塗りと3回適正量で塗布し、しかっり乾燥させながら塗り重ねていく事が必要で基本となります。

外壁塗装業者の中には、4回塗りや5回塗りとただ単に塗料の塗る回数を増やすだけの提案をしてくる業者がいます。

「工事費用が少し高くなっても、その分塗膜が厚くなって塗料がより長持ちしそう!」

と思ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。

外壁塗装の4回塗りは塗膜に対する影響もございます!

一見厚くて強い塗膜と思いがちですが、塗膜も無理をするとヒビ割れしやすくなります。

塗膜を厚く塗っても耐久性などの塗料の効果は変わりません!

だからこそ、塗料メーカー標準仕様書を出している訳です。

それぞれに特化してたプロフェッショナル集団が、何千、何万通りと実験をして標準仕様書を出しております。

また塗料は完成商品でありますが、塗装工事は未完成商品になります。

外壁塗装工事では正確に塗料の量を適正値で塗り、塗り重ね乾燥時間を守る事が、耐久年数に大きく関わってきます。

以上の基本さえ踏まえておけば、4回塗りの必要性が分かります。

外壁塗装工事では正確な塗料の量を適正値で塗ることが、耐久年数に大きく関わってきます。

このように、どのお家にもこのような4回、5回塗りといった提案をしている業者については要注意です!

業者のイメージ戦略に踊らされないように気を付けてください。

※下地の種類、劣化症状(脆弱な下地など)などによっては必要な場合もあります。

※4回塗り仕様の施工方法もございます。

 

 

明日も笑顔で皆様をお出迎えいたします(^^)

沢山の方のご来場お待ちしております。

塗り替えをご検討されている方、今すぐではないが時期的にそろそろかなとお考えの方、是非お気軽にお問い合わせください(^^♪

本日も、ブログをお読み下さりありがとうございました(^-^)

和歌山市の外壁塗装専門店 エースペイント

ショールーム住所

〒640-8482

和歌山県和歌山市六十谷226-2

TEL0120-063-001

営業時間 9:30~18:00

駐車スペース完備🚗

和歌山地域密着!安心と安全の外壁塗装店です。 ご相談・見積り・診断は無料です。