中塗り・上塗りの色替え❓「和歌山市六十谷 外壁塗装・屋根塗装専門店 エースペイント」

2021.04.29

皆様こんにちは(*^^*)

和歌山市六十谷・外壁塗装・屋根塗装の専門店

エースペイントです(*^^*)

和歌山は本日も雨ですね(>_<)

外壁塗装の現場は昨日に引き続きお休みさせていただいております。

そして、本日のブログでは、中塗りと上塗り(上塗り1回目と上塗り2回目)での色替えについてお話していきたいと思います。

先日も、屋根塗装のご相談でご来店いただいた方に、「中塗りと上塗りの色を変えて塗装した方がいいと聞いたのでそうして欲しい」とご相談を受けました。

皆様の中には、「何のために?」と思う方や、「そうした方がいいのでは?」と思われる方もいるかと思います。

和歌山でも、中塗りと上塗りの色を変えて外壁塗装を行う業者さんもいるようですが、私共エースペイントではこの工法はオススメしていません。

なぜこの工法をオススメしていないのかをご紹介させていただきます。

1.外壁塗装の工程🦁

 

外壁塗装の工程とは、基本的に下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りで行っていきます。

仮に2度の塗装で終わらせてしまうと、塗料の耐候性も下がり、美観にも影響します。

下塗り・中塗り・上塗りの各工程には、それぞれに大切な役目があります。

2.外壁塗装の中塗りと上塗り🦁

 

外壁塗装で行う中塗りと上塗りですが、元々は、同じ塗料で同じ色の塗装を行う のが基本です。

ですが、外壁塗装のことが全く分からない方からすると、同じ塗料の同じ色で2度塗りをしました!

と言われても、本当に2回塗ってくれているのかどうかはわかりませんよね(>_<)

ですので、外壁塗装の中塗りと上塗りで色を変えて塗装をすると、誰が見ても2回塗っているのが一目でわかります。

安心感といった意味では、このような施工方法でしてもらいたい方も多いのかもしれません。

3.同じ性能、同じ色の塗料の二度塗りの必要性🦁

 

下塗りの役割は、下地と上塗りの塗料をしっかりと密着させるということです。

そして、中塗りと上塗りは基本同じ塗料を使用します。

中塗り(上塗り1回目)では、お施主様が希望された色を塗布していきます。

そして上塗り(上塗り2回目)では、中塗り時の色ムラや塗り忘れなどを補正していきます。

さらに、同じ塗料を2度、塗り重ねる事で、その塗料が持つ力を100%発揮できます。

違った塗料を使用すると、その耐久性も劣ってしまうということです。

そのため、同じ塗料で同じ色の塗料使用する必要があるのです。

4.どうして色変えがNGなの?🦁

❶耐久性の低下(>_<)

中塗りと上塗りで色を替えをする事で、中塗りの塗料と上塗りの塗料の密着性が悪くなってしまい、耐久性が低下してしまいます。

❷無駄に費用が掛かる(>_<)

基本塗料缶は、1缶での販売です。中塗りと上塗りが1.5缶づつ必要な塗装面積の場合、色替えをする事で、中塗り2缶と上塗り2缶の合計4缶発注しなければならなくなるのです。

色替えをせずに仕上げる場合は3缶で収まるところが、色替えをすることで1缶無駄に費用が掛かってしまうのです。

❸劣化と共に美観が悪くなってくる

劣化が始まると、表面の上塗りの塗膜が落ちて、中塗りの色が見えてきます。

こうなった時、同じ色で塗装していれば問題ないのですが

違う色を塗装していると、ムラが目立って美観が非常に悪くなってしまいます。

 

以上が私共エースペイントが、外壁塗装の中塗りと上塗りで色替えをオススメしない理由になります(*^▽^*)✿

和歌山の塗装業者の中にも、手抜き工事の予防として、中塗りと上塗りの色替えを提案する業者もいるかと思います。

ですが、外壁塗装での手抜き工事は、中塗りと上塗りだけではありませんので、早い段階で優良業者なのかどうかを見極める必要があります。

本日もエースペイントのブログをお読みいただきありがとうございました❣(^^)/

和歌山市外壁塗装専門店エースペイントは、

地域ド密着!!😊

超スピード対応・安心・丁寧がモットーです!!

和歌山市の外壁塗装・屋根塗装専門店 エースペイント

和歌山最大級のショールームです✨

劣化事例など、模型を設置しておりますので、外壁塗装に詳しくない方にもわかりやすいショールームになっております😊

ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ(^^)/

ショールーム住所

〒640-8482

和歌山県和歌山市六十谷226-2

TEL:0120063001

営業時間 9:30~18:00

定休日 水曜日

※5/1~5/5 休業日

駐車スペース完備🚗

 

和歌山地域密着!安心と安全の外壁塗装店です。 ご相談・見積り・診断は無料です。