屋根塗装をおこなうべき劣化のサイン!「和歌山市六十谷 外壁・屋根塗装専門店 エースペイント」

2021.04.26

こんにちは🌼~

和歌山市六十谷の外壁塗装・屋根塗装専門店 エースペイントです🐆✨

エースペイントのGW中の店休日

5/1~5/5 休

となっております。

4/30までは通常営業しております❀

4/29の祝日も休まず営業しております!(^^)/

本日のブログは上野が担当させて頂きます、、、😊🎵

 

昨日の内容に引き続きまして

『屋根塗装をおこなうべき劣化のサイン』について

ご紹介していきたいと思います( `ー´)ノ★~

屋根塗装をおこなうべき劣化のサイン

苔や藻、カビの発生

屋根材の塗膜が劣化しますと防水機能が低下してしまい

雨水や湿気などにより苔が発生してしまいます。

そのままの状態で放置し続けますと、

屋根の耐久性が悪化してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

瓦の滑落

瓦のひび割れをそのまま見逃してしまいますと

最終的には滑落してしまいます。

又、台風などの暴風雨でも瓦がズレてしまったり、

飛んで落ちてしまうこともあります。。

滑落した状態になりますと、瓦の下の防水材、

防水材を止めている(釘)がむき出しの状態になってしまいます。

この状態のまま放置し続けてしまいますと

(野地板)に雨水が浸入してしまい

それが雨漏りの原因にもなってしまいます。

雨漏りにも気づかずに放置してしまいますと

野地板が腐ってしまうという事にも繋がっていきます。

・漆喰の劣化や剥がれ

日本瓦やセメント瓦では、瓦の固定や接着の際に漆喰を使用します。

他の屋根材と同じようにこちらも経年劣化が生じます。

目視して、ひびや剥がれを見つけた場合は危険信号です!

固定している力が弱まってしまっている為、

少しの風や地震で瓦がズレてしまい、

最悪の場合は落下してしまうケースもあります。

また衝撃などにより欠けてしまったり

ひび割れしてしまったりしてしまいます。

そこから雨水が浸入してしまい、

雨漏りに繋がる事もありますので、

漆喰の劣化を発見した際も見逃さずに

迅速な処置が必要になります( ^^) !

 

劣化を放置し続けてしまうと雨漏りに繋がっていくので

見逃すのは危険ですね((+_+))、、、。

エースペイントでは雨漏り診断もしています!

屋根や外壁などのことで少しでも気になる事がありましたら

ぜひエースペイントお問い合わせ下さいませ(*’▽’)✿~

本日もエースペイントのブログをお読みいただきありがとうございました(^^♪❣

エースペイント

地域ド密着!!°˖✧

スピード対応・安心・丁寧がモットーです!!

和歌山市の外壁塗装・屋根塗装専門店 エースペイント

和歌山最大級のショールームです✨

劣化事例など、模型を設置しておりますので、外壁塗装に詳しくない方にもわかりやすいショールームになっております😊

ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ(^^)/

ショールーム住所

〒640-8482

和歌山県和歌山市六十谷226-2

TEL:0120063001

営業時間 9:30~18:00

定休日 水曜日

※5/1~5/5 店休日

駐車スペース完備🚗

 

 

 

 

 

 

和歌山地域密着!安心と安全の外壁塗装店です。 ご相談・見積り・診断は無料です。